fbpx

次世代を生き抜く実践学習

ダイバーシティ
マネジメント研修

変化へ対応するために

変化が激しく、未来を予測することが困難な現在。それは社会の曖昧さや複雑が高まってきたからです。

かつてないほどのイノベーションや価値創造が求められています。

持続的な成長のために、組織の人材をどうマネージし競争力の源泉としていけるかが、グローバルな経営戦略の最重要項目となっています。

ダイバーシティ
マネジメント

ダイバーシティ・マネジメントとは人材の多様性を活かし、事業推進力を付けるマネジメントです。

従業員一人ひとりが同じ生産性をあげようとしても、その為に必要な働き方はそれぞれ違います。

個々人の生産性を最大限引き出すマネジメント、それがダイバーシティ・マネジメントです。

選ばれる理由

取り扱い事例が豊富

独自研究からなる1000以上の研究データベースより、それぞれのケースに活用できる事例を学習効用最大化へ活用

研修後の変容率が高い

受講者がこの後何をすべきかまで、具体的なアクションプランへ落とす研修だから、変化を実感しやすい

研修後のサポート

カウンセリングシートやパーソナルアセスメントを活用し、継続的な実践をサポート

最新の研究を反映

社内研究機関"hypex Laboratory"とシンガポールを拠点に組織の学習と研究実践のReapra Pte Ltd,との強力により膨大な研究を研修へ反映

プログラム

プログラム内容手法
オリエンテーション
講師自己紹介・研修の目的 進行ルールの確認 ウォーミングアップ
講義
1.経営課題とダイバーシティマネジメント
あなたの職場のダイバーシティ&インクルージョン
多様な属性と多様な個性・ダイバーシティ&インクルージョンとは
講義・ワーク
2.ダイバーシティ&インクルージョンの見えない壁
アンコンシャス・バイアスは脳の高速思考
アンコンシャス・バイアスの問題、個人や組織に及ぼす影響
講義・ワーク
3.多様性を体系的理解する
個性と生産性
行動特性の違いと多様な個性を持つ部下を活かす意味
講義・ワーク
4. ダイバーシティ&インクルージョンの実現に向けて
多様な人材を活かすために私たちができること
明日からのアクションプラン策定
講義・ワーク
※各組織の課題をお伺いした上で、アレンジいたします。
ダイバーシティ・マネジメントは、組織の生産性をあげるために非常に有効な手法です。
まずは概念を理解し、取り組み始めることからされてみてはいかがでしょうか。
担当講師
by tutor

ダイバーシティ・マネジメント
実践マニュアル

ダイバーシティの基礎から実践方法、事例まで!完全版を今だけ無料プレゼント※企業の方向けの資料となります※

お問い合わせ