fbpx

Article

採用広報動画はどう作る?事例や作り方を解説!

2021.07.05

採用広報動画のメリット・作り方

採用広報動画は、社員インタビューや1日の業務の紹介、職場の様子などを伝えて自社のことを理解してもらう動画です。

「自社への応募を増やすために動画制作を検討しているけど、どう作ればいいのだろう?」「本当に効果があるのだろうか?」と疑問の方は多いでしょう。

そこで本記事では、採用広報動画を作るメリットや成功事例、作り方のポイントを解説します。採用広報動画を作る場合に何に気を付ければいいのかが分かりますので、最後までご覧ください。

採用広報の動画を作るメリットと活用シーン

まずは、採用広報動画を作るべきか検討している方に、動画を作るメリット、活用シーンを紹介します。

メリット1.視聴者の記憶に残りやすい

採用広報動画を作るメリットの一つが、視覚と聴覚の両方でアピールすることができ、視聴者の記憶に残りやすいこと。

映像は会社の空気や仕事の様子などリアルな雰囲気を伝える効果があり、BGMやナレーションなど音はエモーショナルな部分に訴えかけます。テキストや写真では実際の職場の空気とはギャップが生まれる可能性があり、動画を活用することで埋めることができます。

メリット2.自分ごと化しやすい

採用動画ではアニメーションより実写が使われることが多いですが、実写動画はリアリティが強いので、自分が働くイメージがしやすいメリットがあります。採用サイトを見たけど、テキストや写真だけでは業務内容がイマイチ分からない…という応募者は少なくありません。

その点、リアルな動画は、働くイメージがシミュレーションしやすく、ある意味インターンの役割を果たしてくれます。入社前に業務への不安を払拭することで、離職率を減らすことに貢献できることも採用広報動画の利点です。

メリット3.テレビCMのような広告効果がある

採用動画への注目が増えている要因がYouTubeやSNSの普及です。かつては動画を流せる場はテレビや企業説明会の会場など限定的でした。しかし、YouTubeやSNSによって、誰でも無料で動画をアップすることができ、拡散されればテレビCMと同じようなインプレッション(視聴数)を得られます。

またWebサイトやYouTubeなどにアップしておくことで、応募者がいつでもどこでも視聴することができます。これは放送枠や放映時間が決まっているテレビCMに比べて大きなメリット。

ただし、採用広報動画は作って終わりではなく、視聴されなければ意味がありません(実際、動画作りがゴールになってしまっている人が多い…!)。

今やスマホ一つで採用動画を作ることはできますが、視聴数が少なく効果がなかったという失敗は少なくありません。作ることがゴールではなく、どうやって見てもらうか? 動画を見て欲しいターゲットに適切に届けるか?の戦略まで考えてください。

それが難しい場合は、動画マーケティングに長けたプロの制作会社に映像制作を依頼することをおすすめします。

採用動画の活用シーン

・自社の採用サイトに掲載する
・企業説明会で流す
・SNSで流す

採用広報動画を自社のサイトやSNS にアップすることで、時間や場所を問わず、自社の情報を届けられます。動画は24時間働いていてくれる広報です。

そして企業説明会で活用することで、役員や社員が実際に会場に行ってプレゼンをしなくても、学生や求職者に情報を届けられます。人件費の削減になる点も動画のメリット。

また、20代をターゲットにすることが多い採用動画では、SNSも動画活用の有効手段。実際、就職活動にTwitterやInstagramを使う学生は増えています。SNSでは短いダイジェスト映像を流し、本編はWebサイトやYouTubeで見てもらうなど活用しましょう。

採用広報動画の成功事例5選

次に、採用広報動画で成功した事例を5つ紹介します。成功したポイントを理解し、動画の企画を考えるときの参考にしてください。

再生回数の多い採用広報動画の事例

両備グループ

再生時間:3分57秒

最初は岡山を中心に、バスやトラックなどの交通事業を手掛ける両備グループ。2017年にタクシードライバーの募集に使われ、採用広報動画としては珍しいアニメーション動画にしています。

タクシー運転手に転職した主人公が様々なお客様と交流するストーリーで心温まるBGMに「両備で働こう 一期一会に想いを託して」というメッセージをのせ、多くの共感を呼びました。

その結果、採用広報動画としては異例の10万回以上、再生されています。

このようなパラパラ漫画は結婚式でもよく使われ、感動エピソードの表現に向いているジャンル。企業理念などを伝えたい場合は、アニメーションにすることも手段の一つです。

株式会社ベルク

再生時間:2分5秒

2つ目の成功事例は埼玉県に本社を置き、スーパーマーケットチェーンを展開する株式会社ベルク。再現ドラマの手法を取り入れています。

就職活動中の女性を主人公にした再現ドラマで、内定がもらえず落ち込む中で、母親とベルクのスーパーに行き励まされるストーリー。

 主人公を就活生にすることで共感を醸成し、応募者が「自分ごと化」できるシナリオになっていることがポイントです。150万回以上再生され、採用サイトへのアクセス数が2倍に増えました。

面白い採用広報動画の事例

ユーハウス【採用面接動画】

再生時間:12分23秒

3つ目は、岐阜県で一戸建て・注文住宅を手掛けるユーハウスの採用動画。12分と長い尺で、実際の採用面接の様子を伝えています。

ユニークな点は社長とトップセールスマンの2人が新卒採用の面接を受けていること。「将来の夢は?」「どんなスタッフと働きたいか」「意見が食い違った場合はどのように対処しますか?」など、実際の採用面接で質問する項目を、社長とトップセールスマンにぶつけています。

視聴者が楽しみながら採用面接のシミュレーションができるとともに、会社の中心となる2人が回答することで、企業の魅力もPRでき一石二鳥。社長や現場の社員が求めている人材を伝えているので、狙った応募者を増やす効果もあります。

新潟県警察採用広報動画~警察学校の1日~

再生時間:4分59秒

続いては新潟県の警察官採用の動画。警察学校の1日に密着し、実際の様子を紹介しています。面白いのはナレーターに『ドラゴンボールZ』のセルや、『人志松本のすべらない話』のナレーションでお馴染みの若本規夫さんを起用していること。ユーモアを交えた紹介にすることで、応募のハードルを下げています。

警察官のように堅いイメージがある職種は、おもしろ動画にすることで良いギャップを生み出せます。

新潟県警では、他にも「地域警察官」「刑事」の一日に密着した面白動画も制作しているので、合わせて参考にしてください。

新潟県警察の公式サイト:https://www.pref.niigata.lg.jp/site/kenkei-saiyo/kouhoudouga.html

かっこいい採用広報動画の事例

住友重機械イオンテクノロジー株式会社

再生時間:1分53秒

最後はかっこいい採用広報動画。東京都品川区に本社を構える住友重機械イオンテクノロジー株式会社の事例です。

映像と写真素材を併用しつつ、実際の工場やリアルな社員の姿をドローン撮影も活用しながらスケール感を演出。重厚感のある音楽やグラフィックを使うことで、かっこよさを増しています。

応募を増やすための採用広報動画のコツ

ここでは、採用広報動画を作ると決めた方に作り方のコツを紹介します。採用活動においては、パンフレットや公式サイトの情報なども活用するため、動画では別の内容を伝えるなどメディアミックスで戦略を考える良いでしょう。

目的を明確にする 

採用広報動画を作るときは、まず目的を絞りましょう。一口に「採用」と言っても、「認知拡大」「興味喚起」「理解促進」の3つに分かれます。

・とりあえず会社の認知・知名度を増やしたいのか?
・興味を喚起して応募者数を増やしたいのか? 
・理解を深めてモチベーションの高い人材を採用したいのか?

動画を作る目的によって動画の方向性や、情報の具体性が変わってきます。広く認知を増やしたいなら、会社の情報よりエンタメ系の動画やドラマのような動画が向いています。

応募者数を増やすなら、昇給のしやすさや休日制度の充実など、入社するメリットを訴求した方がいいでしょう。さらに踏み込んで、モチベーションの高い人材を採用したいなら、企業の理念などに共感してもらう動画が向いています。

採用の4Pの何にフォーカスするか決める

採用広報動画では、「採用の4P」と呼ばれる要素を考えてください。どの項目にフォーカスするのかをによって、動画の戦略やメッセージが決まります。

Profession(仕事・事業)→1日の業務や具体的な仕事内容を紹介
People(人材)→社員インタビューが中心
Philosophy(理念)→経営者からのメッセージ、コンセプトムービー
Privilege(待遇)→福利厚生や職場環境の紹介

上のように、どの4Pにフォーカスするのかによって動画の内容が異なります。
4Pを決めるには、求める人材(抱えている課題から逆算する)や自社の魅力・強みをしっかり把握しておくことが大切です。

応募者に刺さる内容から逆算して作る

応募を増やすためには、応募者の目線になることも大切です。学生や応募者が何を知りたいのか?何を不安に思っているのか?を考えて動画を作ることで、より刺さる内容になります。

今回は学生を例に挙げます。
現在、学生が会社に求める上位3つは次のものと言われています。

1位:自分が成長できる環境がある
2位:社員の人間関係が良い
3位:福利厚生制度が充実している

応募者のニーズを正確に知りたい場合は、ターゲットとする人(大学や専門学校などの就活生)にアンケートを取る方法もおすすめです。

採用広報動画の制作を依頼する料金・相場

特徴相場動画の長さ撮影時間制作期間
インタビュー10〜30万円120秒以内半日2週間〜1ヶ月
インタビュー社内風景30〜80万円180秒以内1〜2日1〜1.5ヶ月
密着取材80〜200万円オーダーメイド3日1.5〜2ヶ月
ドラマ仕立て200万円以上オーダーメイド3日以上3ヶ月以上

最後に、動画制作をプロに依頼したときにかかる費用をお伝えします。動画は作っても見てもらわなければ意味がありません。

現在、多くのユーチューバーがいるように、自分でも機材があれば動画を作ることは可能です。しかし、その後の活用方法や認知を増やすためには動画マーケティングの知識が大切。マーケティングに精通したプロに動画制作も依頼する方が効果は見込めるでしょう。

また映像のクオリティが低ければ、見てもらっても刺さらない可能性が高いです。

プロに依頼する場合、費用は大きく4つに分類されます。価格の違いは撮影の規模(撮影日数やスタッフの人数、機材数など)の「現場の費用」によるもの。

一般的に多いのは、社員インタビューに加えて社内の風景も紹介する30〜80万円の価格帯。まだ企業のことを何も知らない潜在層に、どんな場所で働くのか職場のイメージを伝える動画です。

80〜200万円の価格帯は社員や職場の風景を密着取材をする動画。すでに企業に興味・関心がある層に、事業の内容や企業の想いをしっかり理解してもらうところまでアプローチする動画です。

【まとめ】採用広報動画を作るべきか

以上、採用広報動画を作る際の参考事例や作り方のコツを紹介しました。採用広報動画のメリットは多いですが、作ることがゴールになってはいけません。また、動画の効果測定も行わないと成功か失敗かの判断ができません。

これから初めて採用活動に取り組む方は、ぜひ株式会社hypexにご相談ください。国内唯一の採用広報専門エージェンシーのhypexでは、ただのインタビューや綺麗な動画ではなく、どのように候補者を態度変容させるかを設計し制作いたします。

hypexn採用広報動画の相談をする

また、動画以外の採用方法を紹介した以下の記事も参考にしてください。

関連記事:採用広報で知っておきたい企業の成功事例11選!SNSの活用方法も紹介